ねこみみど〜らくにっき in Feb, 13

あるいは、ねこみみ嗜好者の耳東風な日々の雑記

topicsページへ行く / 最新日記に戻る / ねこみみすと工房トップページに戻る

Feb.10,2013 (Sun)

「時計仕掛けのレイライン」(ユニゾンシフト) [GAME]

+ 「時計仕掛けのレイライン-黄昏時の境界線-」→「時計仕掛けのレイライン-残影の夜が明ける時-」と続けてやって終了。……いやぁ、のいぢ原画じゃなくなってどーかと思ったけど、ちゃんと"ユニシフ:ブロッサム"だねぇ。

+ 「黄昏時の境界線」は眠子→鍔姫→憂緒で終了。モー子以外の話は途中リタイアにしか見えないねぇ。全体として、真相に至らず、みっちーとモー子とおまるの特殊事案調査分室(トクサ)と、学園を取りまく状況を描く導入っぽい感じであった。

+ 眠子は次作をやってもやらなくてもサブキャラしか見えない子だが、なんというか思考のダダ漏れっぷりが実に愛い。鍔姫と三厳は二人ともあのルックスで「みーくん」と「鍔姫ちゃん」と呼びあうのがちと面白い。そしてモー子こと憂緒。「黄昏時の境界線」では結局最後まで素直になれない娘だが、それも"らしく"てよい。

+ 「残影の夜が明ける時」はハイジ→学園長→モー子で終了。前作モー子ルートの後のように見え、かつ、やはりモー子の話以外は途中リタイアに見えるという……。

+ ハイジはルートに入るとなんとも"ちょろい"感じの子なのだが、真相に至るときはルイ共々頼りになる感じの娘である。あと、おっぱい(ぉ 学園長はルートに入ると案外かわいいのだが、真相に至るルートに入るとなんとも不気味である。そして憂緒。なんという正妻ポジションだ。三厳もモー子もなかなか素直になれないのだが、最後はこの二人がくっつく以外の未来なんて見えないぜ。

+ 「残影の夜が明ける時」は前作に比べる"伏線回収編"という感じでなかなか面白かった。まあ、まだ謎は残っているので続編はあるんだろうが。……あるんだよな?

+ 2作まとめてやって俺的にはよかったのだが、ちょっとC/Pが悪いかな?

サイト内検索

その他

@nekomimist cC[g

キャンペーンな風味

[an error occurred while processing this directive]

Topics

Pastdays

return / top
いずみたすく <hiro@nekomimist.org>