ねこみみど〜らくにっき in Sep, 08

あるいは、ねこみみ嗜好者の耳東風な日々の雑記

topicsページへ行く / 最新日記に戻る / ねこみみすと工房トップページに戻る

Sep.6,2008 (Sat)

「さくらんぼシュトラッセ」(ぱれっと) [GAME]

+ ぱれっと初のFDがくすくす&NYAONのソレっつーのは旧来のたまひよ原画のぱれっとも大好きな俺としてはちょっと淋しくもあるな。その上次作もたまひよ原画じゃないし……。とはいえ和泉つばす絵で保住圭・おるごぉる・北川晴シナリオならそれはそれで買うしかないのだがっ。

+ 最初はゆー姉。はだエプからあの展開に行くとは読めなかった。それにしても、春美に対する行動の不器用さはあんな昔からですか。不器用な人ですなぁ。ロリ役な風音はわりと好きなのでちょっとゆー姉のポイントがアップした(ぉ

+ かりん。基本的に変わらない娘だが、ケーキを分けて食べるあたりに春美への愛を感じるね。いい娘や。ところで、かりんママの外見と言動が好みすぎるので、かりんママと美咲さんを攻略できるミニFDを希望したいですね(ぉぃ

+ ルゥリィ。春美ラブな感じが本編より多めに表に出ていてたいへんほほえましい。クリスにも引導が渡されるカタがつくよい話でした。作中で指摘されるのだが、ルゥリィと瑠璃子って身長がほぼ同じのよなので、どう見ても春美&ルゥリィは犯罪っぽいよな。

+ 最後にマリー。本編エピローグ同様にすっかりどエロな娘になってしまったマリーが春美とお似合いすぎる。本編エピローグの春美の言葉じゃないけど、手を握って気絶してたマリーはどこに行ったのだろうなぁ(笑)

+ どれも短いお話なのだが、楽しかった。ま、コミケで買った人や、俺みたいにオフィシャル通販で買った人はさくらんぼCD分があるので値段分って感じだが、そうじゃないと値段分って感じはしないかもしれないけれど。評価は8点。

「水平線まで何マイル? -Deep Blue Sky & Pure White Wings-」(ABHAR) [GAME]

+ なんか惜しい。キャラは悪くないのだが、お話的は恋愛モノ的には足りてないし、熱血モノとしても足りてない。

+ 基本的にヒロインが意地はってうまくいかなくなる→主人公がそれに対してうまい対応を取れずにハマる→結局みんなで解決→終わり、という感じなので、あまり主人公が役に立った感じや支えになった感じがないのが恋愛的に足りてない感じがした理由かな。熱血的に足りてないのは……結局ヒロインと二人の問題になりがちなんだよなー。

+ そんな中で、朋夏シナリオは王道っぽくてよい。朋夏にとって空太が大切なのが感じられるし、最後も「朋夏と空太とみんな」で立ち向かう感じがあるのがよいんだろな。麻里矢(マーリャ)シナリオも三角関係っぽい展開がよい。主人公があまりそれを意識しないので、とにかく朋夏が不憫なのだが :-)

+ 陽向先輩とか湖景ちゃんはキャラ的にはともかく、本人が素直になるだけで解決できそうな展開の上、主人公が役に立ってないのがイマイチだ。会長シナリオは毛色が違う展開を見せて悪くないが、後半の会長の言動は人を選びそうだ。俺は嫌いじゃないけど。

+ ま、絵と声はよかったのでおまけして7点かな。バリバリ元気なありす(朋夏)とクールな安玖深音(マーリャ)の組み合わせというのはちょいと新鮮な気がしたし。

Sep.10,2008 (Wed)

きょうのよしなしごと [COMP][AUDIO][MISC]

+ 各所のレビュー記事を見て、IntelのSSDが欲しくなった。まぁ、買うのはIntel級のSSD(MicronとSamsungあたりか)が他に出てきて選べるようになってからだよな、フツー。

+ 新iPodは特に興味をひかれるものなし。もうしばらくiPod(60GB)に頑張ってもらうようにしよう。iTunes8もうちょっとブレークスルー感が欲しいなぁ。

+ ふと、SC-LX81が欲しくなった。冬ボをアテにしてIYHするべき?(ぉ

+ 来週月曜が出勤になった。ホント、今年は休日出勤が多くて大変だぜ。

Sep.18,2008 (Thu)

WordPressを入れてみよう [COMP]

+ 独立性の高い話題の時は、日記的属性の強いこちらではなく、別の場所があってもよいかな、ということで、WordPressを動かしてみた。楽に入れられるのはいいが、何やってんだけ見えづらいのがなー。しばらく潜行モードにしておこう。

+ ま、現状この日記が「きょうのよしなしごと」ばかりである以上、えろげの感想くらいしか書かないのは目に見えてるけどな :-)

Sep.28,2008 (Sun)

Windows Home Server [COMP]

+ Windows Home Serverマシンを作った。構成はIntel Core2 Extreme X6800+ASUS P2B-Deluxe+ATi RADEON X1900XTでメモリ2GBという2年ちょい前のハイエンドな感じ。HDDだけ新規購入でWD10EACS-D6B0を2本。ホスト名はLULLI。由来はもちろん「さくらシュトラッセ」(ぱれっと)のルゥリィ。

+ WHSのベースであるWindows Server 2003がP2B-DオンボードのMarvell Yukonを標準サポートしていないので、最初ネットワークが使えなかった以外は特に問題もなくインストールできた。別途事後にインストールしたのはIntel Chipset Software Installation UtilityとYukonのドライバのみ。ビデオドライバは敢えて入れない方向で。

+ 安定性は今後を見ないとわからんが、クライアントPCのバックアップ機能だけで満足できる感じ。これでMonthly+Weekly+Dailyの数世代バックアップを行いつつ(それぞれの世代数を設定できるのだな。)、クライアントPC側ではボリュームシャドウコピーを有効にするとよいかな。

+ これで安定して運用できるようなら、KONAのWD10EACS×2もLULLIに移してファイルサーバの集約を計りますかな。

きょうのよしなしごと [AUDIO]

+ ぜんぜん使ってないSHARP DV-AC55を両親にプレゼントしようってことで梱包する。WOWOWもぜんぜん見てないし止めるかな。これでAQUOS LC-46RX1WのHDMI入力が空いたのでXBOX360をD5接続からHDMI接続に変更。まぁ、XBOX360もPS3もぜんぜん動かしてないわけだが……。

+ 音まわりはSC-LX81購入後(*1)に5.1ch化しようかと画策中。メインSPがPIONEER S-PM300なのだから、センターSPはS-A4SPT-PMにすっかなとかー。リアは邪魔臭いのを避けるならば音場型の何か(AUDIO PROのQUBEみたいな)を床置きすっかなーとか。

*1: なぜか確定 :-p

Sep.30,2008 (Tue)

「ピリオド sweet drops」(Littlewitch) [GAME]

+ 小羽ちゃん。光樹と小羽のとある一日って風味か。小羽嬢はビジュアル的には大好きなのだが、ちょっとよい娘すぎるのと、大波こなみの発声にちょっと違和感を覚えるのが難点。それにしても羽コキを頼むとはマニアックだのう、光樹。

+ 葵。亜理紗ちゃんと光樹の仲が良くてちょっと不安な葵の話。小悪魔な亜理紗ちゃんのせいで、光樹も葵もなんだかスゴいことにー。今後はずっとあんな3人のまま、という展開もありそうだったりありそうでなかったり。

+ 琴せんせ。琴せんせと初実ちゃんがお酒にのまれる話。酔った琴せんせのせいで、初美ちゃんがなんだか大変なことにー。まぁうれしそうなのでよいのだろう(ぉ 沢渡姉妹は揃って微妙にオンリーワン度の低い話なので気になる人は気になるやも。

+ 幸奈先輩。幸奈先輩がヤキモチやき風味な話。「幸奈」「光樹」と呼びあう二人や、つづみ(小)に気をとられる光樹相手に拗ねる幸奈先輩や、光樹にちょっと甘える幸奈先輩とか、いろいろ新鮮だ。

+ つづみ。つづみ(小)が皆に受けいれられる端緒を掴むまでの話。最初のイベント絵を見た瞬間にカウントダウンの絵の理由がよく理解できるよな:-) 状況が状況なのでほんのりシリアス風味なお話でした。オチの琴せんせが見事。

+ 初実ちゃん。諦めちゃってる初実ちゃんが光樹のおかげで諦めなくなる話。あまり本編での印象が強いキャラではないのでさほど話る事もなし。唯一のおっぱいキャラとしての利点は活かしていると思う :-)

+ 亜理紗。頑なな亜理紗ちゃんが光樹にやわらかくされるまでの話。葵の光樹への想いとか、ちょっとよいヤツな会長とか、なかなかよい話でした。

+ 美由。光樹とつきあい始めたけれど、やっぱり自信のない委員長の話。つきあって間もないのにすごくエロい委員長が印象的(ぉ

+ 鈴。後日談ではなく「あの日、鈴の部屋に光樹が来なかったら」というifストーリー。まぁ、結局同じ日にやることはやっちゃうのだが(ぉ 鈴シナリオは内部で1学年進んじゃうから、後日談はやりづらかったのかね(*1)。まぁ、西校舎の制服を着ている鈴がとてもとても愛いのでこれはこれでよし。

+ 千歳ちゃん。千歳ちゃんとラブラブというよりは、光樹・潤也・葵の3人と重久がどうやって友人となったのかを描きたかったのではなかろうか、というほどに重久の印象が強い話。千歳ちゃんはかわいいんだけどね……性的にはちょっとなぁ(ぉ

+ そして朝姫。ちょっとだけ不安な朝姫を光樹が支える話だろうか。朝姫の光樹への態度が根っこのところでやわらかくなっていて、もう、どんだけ光樹の事が好きなんだよーって感じで、とてもとても朝姫が愛い。寝てる光樹を起こす時も憎まれ口もきく場合でも本編と違って声は甘い。こういう金松由花の声には弱いぜ。結局今作でも朝姫がイチオシだな。

+ 個々の話は短いといえば短いが、しかしそれが11本もあるので分量的にはそれなりって感じだろうか。もともと本編も長くないしね。まぁ、満足ですよ。8点。

*1: 主に素材的な面で。

サイト内検索

その他

@nekomimist cC[g

キャンペーンな風味

[an error occurred while processing this directive]

Topics

Pastdays

return / top
いずみたすく <hiro@nekomimist.org>